芸人倶楽部

掲示板メニュー

お役立ち情報

サイト情報

ログイン



トップ  >  ダメだし集  >  ダメだし集 表現編

ダメだし集 表現編

見ていると簡単そうなお笑い。実際にやってみると、面白いか、面白くないか以前にちゃんとした表現ができない人の方が多いです。そして、自分では自分の悪いところは、なかなか気づかないので、以下の駄目出しを参考に自分をチェックしてみましょう。

● 声が小さくて聞こえない。
もちろんギャグが聞こえないわけだから、笑いがとれない。その前にお客さんが聞く気を持たなくなるので。必ず腹式で発声しよう。

● 活舌が悪い。何を言ってるかわからない。
声が聞こえないと同じく基本と言われる。何を言ってるか分からないので、もちろん人を笑わせられない。

● 客にケツを見せるな。
芝居を含め舞台の基本。無意味にやると素人まるだし。

● 顔を下にむけるな。
表情などが全く見れないから、笑ってるのか、怒ってるのかという芝居が見れないという場合と舞台にでているのだから、何で顔を見せないのか?という風に言われるときがある。

● はずかしがるな。
恥ずかしがっているのを見ているとお客さんまではずかしいくなる?

● 照れが見える。
上と同じ。

● 手や足をブラブラするな。
初めてやると結構、無意識にやってしまってたりする。お客さんは気になってしょうがない。眼が散るというやつ。

● 流れる動きをするな。
芝居とかでも言われる。けど、お笑いの場合は結構テレビにでている人でも流れる動きをする人が多い。基本的には止めるところはきちっと止める。動かすときはちゃんと動かす。

● 舞台を大きく使え。
たまにじっと動かないネタをする人がいるとこうダメだしされる。ネタ中、椅子に座りっぱなしというのが典型的な例。基本的にはできるだけ動く。

● 笑い待ちをしろ。
お客さんが笑っているときに次のセリフを言ってしまうとお客さんの笑い声で次のボケなりフリなりがかき消されてしまうため。ネタを練習をいっぱいして、そのまんまの間を舞台でやると起きてしまったりする。

● トーンが一緒、または単調。
喋り自体に起伏がない。

● テンポが悪い。
上記と同じ。聞いていて飽きてしまう。眠たくなってくるなどの症状がでるので、お客さんが離れてしまう。

● 感情の流れがない。
セリフの棒読みとか、セリフを思いだしながらやったりしているとなる。逆に、笑いをとるために、わざと棒読みする場合もある。

● ツッコミが単調。
ツッコミのセリフが同じようなものばかりとか、ツッコミをいれている時の感情ののせ方が単調とか。ありがちなのは、つっこみをいれる時、必ず怒った口調でいうなど。

● 自分が笑うな。
特にコントで役を演じている場合は素がでるのはまずい。

● 自分側に客を引き入れろ。
話しの内容で引きこんだり、変な動きだったり、掴みのギャグだったり、ビジュアルだったりする?

● テンションをあげろ。
芸風にもよるが、基本的にはテンションはあったほうがいい。

● 早くやりすぎて、流れている。
ネタの時間を気にしすぎて、多くの笑いをとりたい時に早く喋ったりしてしまう。が、セリフや感情が流れてしまってよくわかんない状況になったり、ついていけなくなってしまうから。

● 何を言っているかわからない。
活舌が悪いとか声が小さいとか意味不明とか。

● 二人でハイテンションにならない。
二人で無茶苦茶やっているときなど。

● 芝居的すぎる。
演じすぎてしまって笑えないとか言われたりする。

● 二人の世界でやってるから入って行けない。
そのまま。

● 動きのパターンが少ない。
動きも同じ動きばかりしているとお客さんが飽きてしまう。

● 感情がない。
セリフを棒読みしたりしている。感情がお客さんにわかりやすいように演じていない。

● 引くな。前に出せ。
引いた演技をしているので見る側に何も伝わらない。

● 何も伝わって来ない。
声が小さいとか、緊張してるとか、引いているとかいう場合に言われたりする。

● ピンの喋りにはちゃんとトーン、ニュアンスを入れる。
2人以上と違って喋りに起伏がないため、ピンの喋りは飽きてしまいがちだから?

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:220 平均点:6.18
前
ダメだし集 ネタの作り方編
カテゴリートップ
ダメだし集

関連 お笑いサイト