お笑いのスタイル

お笑いの形っていうか、スタイル?です。

大体の場合、
人数で ピン、コンビ、トリオ、カルテットなどにわかれ、
形で ピン芸(漫談や一人コント)、コント、漫才などにわかれます。

最近はいろんな形が出てきているので明確に分けられない こともあります。


○ ピン芸

ピン芸
一人でやる芸。一人コント、漫談、スタンダップ、落語などが 有名。

自由である、ギャラが一人じめできる、ネタ合わせ に時間を食わないなどの利点がある。

逆にツッコミがいないので、お客さんに伝える作業をも自分で やらなければならず、その分笑いをとるのは難しいとも言われる。

ピン芸人で、ピンのネタを書くのは難しいと言う人は意外に多い。

ネタをふる、ボケる、つっこむ、フォローするを自分ですること となるも辛い。

そのため、テープやフリップや小道具でボケさせ、自分でつっこむ という方法を取る人もいる。
フリートークとネタがかなり近いとか言われる。

○ コント

コント
かなりメジャーな形。ベタあり、シュールあり、芝居っぽいの あり、ドタバタあり、ショートコント、合同コントなんてのもあり。 基本的には何かを演じるという形をとる。

最近の若手はコントが多いと言われる。
漫才よりやりやすい、とかコントの方が新しい切り口がある からだとか言われる。

テレビのネタ番組はコント番組が多い。

○ 漫才

漫才
マイクに向かって2人が喋るというイメージの漫才。
日本独特の笑いの形で歴史がある。
コントと違って演技しない素の自分で笑いをとっていくのが基本。
今、漫才と言うと大体しゃべくり漫才を思い浮かべる人が多い。

漫才は難しいと言われたりする。コントより漫才のコンビの方が少ない。

しゃべくり漫才、ぼやき漫才などびっくりするほど色々な種類 がある。トリオの漫才というのもある。

基本的にはボケとツッコミに役が分かれる。
そうでないボケ-ボケ漫才で有名なのはシャンプーハット。
(最近はボケ-ボケでないという話もある。)

漫才をやっていた人が売れてテレビでコントをすることはあるが、 コントをやっていたところが漫才をやることはほとんどない。
だから、しゃべりを鍛えるためといって、はじめに漫才をやることを 薦める人もいる。

○ 漫才コント(?)

漫才コント
漫才コント(コント漫才)という言葉が正しいか知らないが 使っている芸人は少なくともいる。

はじめ、漫才の形で入り、途中からコントになる形。

利点は、ツッコミがコント内からでも、外からでもできる。
(役柄に入ったまま、ツッコんでもいいし、自分として つっこんでもいい。(メタフィクション的ツッコミ))

あと、コントの衣装を買うのが嫌な時。(半分マジ)

○ トリオ

トリオ
ダチョウ倶楽部、B-21スペシャル、ネプチューンなどに 代表されるような3人のグループ。

笑いのパターンが増える。だから、難しいと言う人もいれば、 楽だという人もいる。
コントのグループが多い。

○ 演劇系

演劇的なもの
若手では、Jovi Jovaが代表格。他にはシティーボーイズ、 ラジカルガベジリビンバシステムなど。

芝居っぽい笑いをする。かっこいい笑い、大人の笑いとされる ことが多い。

○ その他

その他
他にもいろいろな形があると思うし、形に当てはめる必要も ない。新しい形が出てきたら面白いと思う。