芸人倶楽部

掲示板メニュー

お役立ち情報

サイト情報

ログイン



トップ  >  笑いの名言集  >  笑いの取り方に関する名言集

笑いの取り方に関する名言集

● 客をいじるな。
いろいろ意見があるが、基本的にはしてはいけないとされる。 客いじりは一つの技術とみられることもあり、あの人は客いじり がうまいなどと言われることもある。お客さんとの壁をなくし たり、身近に感じさせるなどの効果があるが、いきすぎると、 お客さんとお友達みたいになってしまう。ある程度の客いじり はOKだという人もいる。そんなことしても成長しないという 意見もある。客いじりよりネタで笑わせようよという ことだろうか?

● 顔芸はやめろ。
多分、安易な笑いだから。でも、プロでもやっている人は多い。

● 下ネタはやめろ。
よく邪道だと言われる下ネタだが、邪道な理由は、言うだけで 人は笑うからである。「そんなものは、素人でもできる。」「そんな のは、いつだってできる。」という理由で、駆け出しの芸人に下ネタ を禁止させる場合もある。下ネタは、芸人によって使う人、使わない人と いるが、使わない人の代表の欽ちゃん曰く、「プロがそんなことで笑い をとるのは、恥ずかしいことだ。」ということだ。この辺は好き嫌い なので、なんとも言いがたい。逆に下ネタだけで売っている芸人もいる。 (舞台のみでしか活躍していないが...)
● 駄洒落を言うな。
今、若い世代では、寒いからダジャレを自分から言わない人の方が多い。昔では、駄洒落はうけていたようで、そういう笑いをやっていた芸人は、駄洒落を面白くしようとしてもいきづまってしまうので駄洒落はやめろと言われていたこともあったようだ。今でも駄洒落をネタ中に使う人はいるが、駄洒落だけでは笑いが起きないため寒いの代表として使われているか、駄洒落プラス違う笑いのパターンという形で笑いをとるかといった形でしか使われない。

● CMネタを使うな。
安易に笑いが取れるからでしょう。 でも、結構有名な芸人さんでも使ってたりする。

● ボケの強さによってツッコミを変えろ。
間違ったテンションでつっこむと大変なことになるから。

● 2ボケ-1ツッコミ。1ボケ-2ツッコミ。
そのまんま。

● 出ハケは命。
舞台に出る時と、はける時が一番大事と言うこと。

● フリがながかったら、落ちはその分強くなくてはいけない。
フリがえらい長いのに落ちが弱かったら、がっくりします。

● 笑いをつくるということは、優越感、勘違い、錯覚というギャップを見つけることからはじまる。

● 子供をつかむ笑い。リズム、音、動き、顔。

● 笑いは方程式だ。
NSCの講師の方が言っていたそうだが、笑いは計算だということ でしょうか?

● 笑いにタブーはない。
どんな常識も崩すことができるのが笑いだから?

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:321 平均点:4.95
前
芸人にまつわる名言
カテゴリートップ
笑いの名言集
次
松本人志氏のお笑い名言集

関連 お笑いサイト