芸人倶楽部

掲示板メニュー

お役立ち情報

サイト情報

ログイン



トップ  >  お笑い作家の学校リスト

お笑い作家の学校リスト

お笑いの作家(放送作家、構成作家、コント作家、漫才作家)になるための学校リスト。


情報の掲載希望はいつでも受け付けています。

漫才作家の学校で
・「大阪府立 東住吉高校 芸術文化科」06-702-3838
・作家集団「ペン企画」
・放送芸術学院
・笑鬼会(しょうきかい)
に関しての情報お待ちしてます。

■ 古舘プロジェクト「アイデアマンT&S」

掲載希望により掲載します。

弊社では所属の放送作家が無料でテレビ的な企画の発送法をお教えしています。

【場所】渋谷・フォーラム8
【日時】毎週土曜 14時〜
※1ヶ月(4回)のセミナーで1セットです。

参加者を作家として採用する訳ではありませんが、無料ですので積極的に参加していただければと思います。
よろしくお願い致します。

古舘プロジェクト アイデアマン事務局
http://www.furutachi-project.co.jp/



■ ダックスキン・夏期講習

掲載希望により掲載します。

◆3日間限定!放送作家☆夏期講習開催!!

放送作家ってどんな仕事なんだろう?…
将来、放送作家になってみたい!…
でも、通常のセミナーでは時間的にも金銭的にもちょっと…
そんな方へ、この度、
放送作家への入門者的講座を夏休み限定で開設しました!

講義内容も実践的なモノにしぼり、
受講料もリーズナブルに設定。
しかも放送作家セミナーとしては珍しく、
当セミナーでは、少人数制を採用!行き届いた指導を目指します!

3日間の中で、放送作家になるにはどうすればいいのか?
読まれやすい企画書とは?
スタジオ台本&コント台本の書き方など…、
基本から実践テクニックまで、
「はねる」や「エンタ」等の人気番組に携わる現役放送作家陣が短期集中でレクチャーします!


詳細>>>

日  程)講義1日目…8月18日(木)、
     講義2日目…8月25日(木)、
     講義3日目…9月1日(木)…の計3回

講義時間)午後7時〜午後9時

場  所) 東京都中央区日本橋NKビル

料  金)1万8千円(※今なら入会会3000円が無料っ!)

問い合わせ>>>03-5997-3715(事務局)

応募>>>

 郵送で応募の場合)
 〒103-0027
 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋NKビル6階
 「ダックスキン・夏期講習募集」係

 メールで応募の場合)
 mail@duck-skin.com
 ※件名には「夏期講習募集係」とお書き下さい。


 尚、
 ※夏期講習受講者は、高校生以上の方とさせて頂きます。
 更に、
※応募者多数の場合は、先着順となります。

http://duck-skin.com/

■ かわら長介 放送作家魁塾

掲載希望により掲載します。

2004年10月より新規開講!第一期塾生募集!

塾長:かわら長介

期間:第一期 2004年10月より半年程度(全35回)
講義会場:大阪市内(地下鉄長堀橋より徒歩5分)
資料請求、お問い合せ:事務局(大滝エージェンシー内)
TEL 06−6942−8130 / E−mail info@sakigake-j.com

募集の方法はホームページをご覧頂くかお電話、メールにてお問い合せください。
URL http://sakigake-j.com

特長

1、かわら長介による講義 塾長 かわら長介の理念に基づいた独自の講義を展開。

2、お笑いライブとのタイアップ お笑いライブ「キタイ花ん」とタイアップする事により、 書くだけで終らない一環した環境で実践して頂きます。

3、プロダクションとの連携 プロダクションと連携する事で、各プロダクション、 各媒体で活動するチャンスが多くあります。また現場でプロとして仕事して頂くかもしれません。


来塾予定のゲスト講師陣

松尾貴史(古舘プロジェクト)
植村泰之 (関西テレビ編成局)
村田元 (毎日放送プロデューサー)
大池晶(漫才作家) 他

運営事務局:(有)大滝エージェンシー
〒540−0019大阪市中央区和泉町2−4−9アルクスールビル702号
:TEL06−6942−8130 FAX06−6942−8129
E−mail info@sakigake-j.com URL http://sakigake-j.com


■ 浅井企画放送作家セミナー

掲載希望により掲載します。

第6期浅井企画放送作家セミナー受講者募集

「書く」ことは「描く」ことだ

コント55号、関根勉、小堺一機、キャイ〜ンを生んだあの浅井企画が、新しい才能 を求めています。

期間:2005年4月4日〜6月27日までの毎週月曜日 午後7時から8時半
場所・武蔵小山・浅井企画稽古場

講師:川岸咨鴻(浅井企画COO)、大辻民樹(ドキュメンタリー作家)、橋本以蔵(脚 本家・映画監督)、天野慎也(バラエティ作家)山中伊知郎(「シナリオライター・ 放送作家になるには」著者)ほか、多方面で活躍されている方々を講師としてお招き します。

受講料:7万円(税込み)

問合せ先:浅井企画放送作家セミナー事務局
TEL 03-3443-5980
E-mail info@asaikikaku.co.jp


■ ECCアーティストカレッジ 難波校

掲載希望により掲載します。

あの英会話で有名な「ECC」が、ECCアーティストカレッジ難波校において?放送作家 養成講座?を毎週木曜日19:00〜21:00に開講中!入学随時受付中。

「自分を放送作家と呼ぶために!人から放送作家と呼ばれるために!」をテーマにTV (ドラマ・バラエティ・ワイドショー他)ラジオ(FM・AM)、漫才台本等あらゆる ジャンルの番組・構成台本のプロのノウハウを個人講座形式で短期養成!

受講者個々人の能力に応じた育成方法の為、2ヶ月単位の受講(全7回)、1回2時 間というのが大きな特徴です。放送作家に必要な企画書・台本の書き方を低料金、短 期間で教える実践講座。基礎からのステップアップ方式で即戦力となるスキルが学べ ます。

●講師は、1970年代から関西では、カリスマ放送作家の「松山一平」。かつての ダウンタウンや島田紳介、圭・修、鶴瓶、やしきたかじん、上岡龍太郎出演の 番組構成・台本ほか音楽番組・舞台監督を多数手がけ、現在は新時代を担う放送作家 の育成に専念している。

「第2期生」生徒募集受付中!定員は15名!講座1回は、無料受講可能です! まずは無料体験を!お気軽にご参加ください。

☆入学金:5,000円 授業料:23,000円
☆定員:15名
☆毎週木曜日19:00〜21:00

詳細は、以下の電話番語にお問い合わせいただくか、HPをご覧下さい。
フリーダイヤル(0120-00−1440)
http://www.ecc.ac.jp/writer/index.htm

      

■ ECCアーティストカレッジ 梅田校

掲載希望により掲載します。

ECCアーティストカレッジ 梅田校では、日本初の落語教室を開講中です!
そしてこの度「英語落語教室」も開講いたします。ECCならではの英語!と言うより は、落語の所作で英語的表現を身につけてみませんか、というものです。英語が苦手 な方でも気軽に参加いただけるカリキュラムです。

ECCの落語教室は、上方落語協会・関西演芸協会より、推薦講座として認定されてい ます。 これは、協会の「洒落」なのか、それとも「プロの落語家養成の本格講座と しての認知」なのか。
それは、学び方次第で変わります。あなたの目的がどうであれ、落語を学ぼうという 方への声援をいただいたようなもの。本校もその声援を受けて、あなたの目的達成の ためのバックアップ体制を万全に行ないます。
*本コースを受講された方には、協会より「受講証」をいただけます。
http://www.ecc.ac.jp/rakugo/index.html       

■ 東京アナウンス学院お笑いタレント科コント作家専攻

掲載希望により掲載します。

平成14年度から新設!現在募集中です。

講師には「めちゃイケ」の元祖爆笑王こと高橋裕幸さん、
「明石家マンション物語」の柏田眞志さん、
「笑っていいとも」の水野宗徳さん他を迎え豪華講師陣でお笑いタ レント専攻に負けない明日のお笑い番組をしょってたつ
クリエーターを育成するつもりです。

      問い合わせは 0120−343−261
      

■ 西条昇お笑いライターズスクール

掲載希望があったので、メールを引用します。


お笑い評論家、お笑い放送作家、お笑いプロデューサーとして 幅広い活動を続ける西条昇が、お笑い業界の人材発掘と育成を目的に、 日本初の”お笑いクリエイター”養成スクールを 開校することになりました。

現在、各コースの10月生を募集中です。 「お笑い」の創造を仕事にしてみたい方は、是非、受講してみては?

校長&メイン講師・西条昇

1964年東京・飯田橋生まれ。お笑い評論家&プロデューサー。
幼少時より喜劇や演芸の舞台をたっぷりと観て育つ。
'88年に「加トちゃんケンちゃんこきげんテレビ」の構成作家となり、 「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」「タモリの音楽は世界だ」 「花王名人劇場」「やっぱり猫が好き」など数多くのお笑い番組に 携わる。
テレビ以外にも、お笑い専門劇場の総合プロデュース、お笑い雑誌 の製作総指揮、お笑いビデオの演出、植木等コンサートの構成・演出、 カルチャースクールお笑い講座の講師といった仕事を手掛ける。

人呼んで、”お笑い界の生き字引”。
お笑いに関する文章には定評があり、新聞・雑誌で好評連載中。 最近では「キレる子どもはお笑いで救える!」 「教育に笑いを!」をテーマに教師のためのお笑い実践セミナー を開催するなど、多方面で注目を集めている。

著書に「東京コメディアンの逆襲」(光文社文庫)、 「笑伝・三波伸介びっくりしたなあ、もう」(風塵社)、 「ジャニーズお笑い進化論」(大和書房)、 「平成お笑い最前線」(アスペクト) 「お笑い研究所」(風塵社)最新刊、などがある。

爆笑問題の太田光のつけたニックネームは「モミアゲオバケ」。

☆「お笑いバラエティ放送作家コース」

予定ゲスト講師・滝大作(放送作家「コメディーお江戸でござる」) 澤田隆治(お笑いプロデューサー「花王名人劇場」 「これが平成のお笑い決定版」) 清水ミチコ(タレント)、えのきどいちろう(コラムニスト) 他、有名バラエティ作家、TVラジオプロデューサー&ディレクター、 タレントなど多数。

☆「お笑いライター&演芸評論家コース」

予定ゲスト講師・吉川潮(作家)、立川談四楼(落語家、作家)、 大友浩(「東京かわら版」編集人) 他、演芸評論家、お笑いライター、演芸担当記者、多数。

☆「お笑いプロデューサー&マネージャーコース」

予定ゲスト講師・澤田隆治(お笑いプロデューサー)、澤龍(サワズ・カムパニー会長) 南部虎弾(電撃ネットワーク) 他、お笑いライブプロデューサー、プロダクションのマネージャーなど多数。

☆定員/各コース 60名(定員になり次第締め切り)
☆期間/日時/回数 2000年10月〜2001年3月までの日曜日。1回110分。全20回。

☆詳細資料請求方法

●メールでの請求方法●
owarai@so-net.ne.jp宛、タイトルに「お笑いスクール資料請求」と入れ、 1.氏名、2.年齢、3.住所、4.電話番号、5.お持ちの方はFAX番号、 6.職業、7.メールアドレスを明記してください。

●FAXでの請求方法●

FAX番号03-3261-4887に上記と同様に1.氏名、2.年齢、3.住所、4.電話番号、 5.FAX番号、6.職業、7.メールアドレスを記入した用紙をFAXしてください。 尚、1.氏名、2.年齢、3.住所、4.電話番号、5.FAX番号、6.職業、 7.メールアドレスは必ず記入して下さい。 不備な場合はお送りできないこともあります。

西条昇お笑いライターズスクール

■ 東京NSC (吉本興業)

東京のNSC。作家のコースがある。

入学金10万円、授業料月額2万5000円 合計40万円を一括払 1年制
一次選考は書類審査。二次は面接。
107-0052 東京都品川区西大井6丁目7-1 光陽産業西大井ビル
吉本興業(株) 東京NSC
2002年度東京NSC生徒募集係
TEL 03-5746-5100
e-mail:tokyonsc@yoshimoto.co.jp
http://www.yoshimoto.co.jp/nsc/

■ 日本テレビバラエティ作家セミナー 03-3203-6111

日本テレビが番組をつくる放送作家などを育成するために作った。
毎週土曜日 19時〜21時まで行われる。

費用: 157,500円。
期間: 半年ほど
定員: Aクラス-50人,Bクラス-30人。
日本テレビバラエティ作家セミナー

■ 大阪シナリオ学校 演芸・喜劇台本科

漫才・コント・コメディ・落語・バラエティ番組構成などで、日本で唯一のお笑い作家養成学科。
通信学科とインターネット通信教育部(8月から1年間で40,000-)もあるようだ。
ホームページにも料金は書いてないので、詳しくは以下に問い合わせを。

tel: 06-6315-8611
fax: 06-6312-4197
大阪シナリオ学校

■ 「心斎橋大学」


総長の藤本義一を筆頭に、現在活躍中の日本放送作家協会会員他、一流講師による講義内容。

○普通科 1年目40回 入学金3万円 授業料19万円(税別)
毎週月曜日 昼クラス 14:00〜16:00
夜クラス 18:30〜20:30
入学金3万円 授業料19万円(税別)

○専門科 2年目文章・ドラマコース40回。番組構成コース25回。
毎週月曜日 18:30〜20:30 年間40回 授業料 19万円(税別)

「心斎橋大学」

■ 「別役と井上の喜劇学校」(仮)

井上ひさし氏が塾長。

日本劇作家協会 事務局
〒151−0053 渋谷区代々木3−2−7−502
tel: 03−5333−5587
fax: 03−5333−5754
e-mail:jpa-office@ma2.justnet.ne.jp
日本劇作家協会

■ 文化放送開発センター

実際の放送作家さんによる授業が行われる模様。
詳しくは上記Web pageにて。

* 曜日 月曜日 週1回時間18:30〜21:00
* 期間 4月〜12月(9ヶ月間・全24回)
* 会場 文化放送開発センター 会議室
* 募集人数 25名(最少催行人数15名)
* 受講料(税込み) 246,750円

TEL 03-5379-2123
E-mail: u-more@joqr-bkc.co.jp
放送作家塾

■ 落語作家への道! 03-3477-6277

渋谷東急プラザ7・8階で行われるカルチャースクール。
全12回38,400円
木曜日19:30-21:00
三遊亭新潟、柳家喬太郎、林家彦いち

東急セミナーBE渋谷

■ 大阪芸術大学 芸術計画学科

「漫才入門百科」によると、筆者である相羽秋夫氏が芸術計画学科にて 漫才を中心とする演芸の鑑賞、台本の演習などをしてるそうです。

かるさんによると作家になるための学科ではないそうです。 以下引用。

基本的に「芸術」を総合的に勉強するところで、
その授業の中に文化としての笑いというとらえかたで
「伝統芸能論」落語や講壇、文楽なんかをやる授業、
「大衆芸能論」昭和漫才を観る授業があるわけです。
どちらも通年ではなく、半期の授業で「伝統〜」の方の課題で
落語を作るというのがありますが、
「大衆〜」の方はビデオをみて、レポートを書くというもんで、
作家になるための具体的な講議がある訳ではないんですね。

大阪芸大芸計に通う方からも情報がありました。以下引用

相羽先生の授業「大衆芸能論」は書いてあった通りです。特に作家になる為の勉強をするといったことはありません。
そもそも「芸術計画学科」というのは、芸術と社会の発展においての手助けをする人材を育てる学科で、主にアートプランナー等のイベントの企画をする為の勉強が中心です。なので、様々な知識を広く浅く学ぶ学科です。相羽先生の授業もそういった企画を行う上での最低限の知識を身に付ける為のもののように私は感じています。
また、他に相羽先生の授業では「言語表現研究」といったものがあります。これは、 前期は言葉遊びで発想力を鍛えたり、週間の視聴率表の分析を行い、後期は夏季休業中に各々が作成した小説や詩を発表し、学生同士が一言ずつ批評します。そんな感じです。

情報を提供して下さった方ありがとうございました。

■ 放送芸術学院

06-6533-5050


プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:216 平均点:5.46
カテゴリートップ
お笑い作家 学校リスト

関連 お笑いサイト